Mugen ism

そもそも六のつく日(6・16・26日)に開催するという最初のアイディアが素晴らしい。

一般サーバの場合こういったマーケットには主催者がいて開閉の挨拶があるんですよ。だけどMugenはプレイヤーが其々自主的に能動的に作り上げていく、Mugenに来て最初感じるコミュニティへの入りにくさの正体はこの妙な連帯感なのかなと思う。これはきっと転校生が始めての学校でクラスに入る感覚とそう違わないだろう。

Mugenは学校だ。

遠くに大きな大陸の街明かりを臨みながらも渡る術を持たない小さな島にただひとつの学校だ。

校内ではひとりひとりが何らかの係り(役割)を全うしている。そうしてそれにちゃんと満足している気がする。これはつまりMugen民は足るを知る民族であることに他ならない。

Mugen民の高尚さはどのサーバの民よりも釈迦に近い。

・・・だから、

飯の話ばかりして刑務所の中にいるような気がしてもそれは気のせいなのだ。

・・・だから、

飯の話ばかりして刑務所の中にいるような気がしてもそれは気のせいなのだ。

大事な事だから先生2回言いました。

広告

Mugen ism」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中