2015.10.30

これぞ、僕のネットラジオの原点!というお話です。
小学生の頃から僕は「岸谷五朗の東京RADIO CLUB」などの深夜ラジオにハマッていました。
考えてみれば、今の自分の噺の”間”などは、この頃に培われたものなのかもしれません。
今でもラジオは大好きで、特にネットラジオをよく聴いています。

ところで皆さんは「BBNN(ブリタニアは 馬鹿ばっかりだ! ニュース ネットワーク)」を
ご存知でしょうか?
伝説のMC「アウツさん」が放送をしていた、UO関連のネットラジオなんです。

僕は、そのアウツさんが大好きで、大好きで、心のそこから大ファンなんです。
当時の録音(MP3)も大事にとってありますし、データのバックアップもしっかりとってあります。
仮にもしも、非圧縮の全話が収められたROMを販売してくれるのであれば、そうですね・・・・
「2万円くらいまでなら、躊躇なく出せる」そう思える番組なんです!

アウツさんの話の魅力は、とにかく各場面で少しづつテイストを変えながら、
誰でもわかる言葉で語ってくれることではないかな?と思います。
話のほとんどが「なるほど!アウツさんは、そう思っているんだ、面白いなぁ」という印象で、
逆に「いや、それは違うんじゃないかなぁ、僕はこう思うなぁ」ということがほとんどありません。
わかりやすく、説得力があるんです。

残念ながら、MCアウツさんの放送アーカイブを配布していたWebページは、
今は無くなってしまったのですが、現在、プロの小説家として、大変な活躍をされているので、
YOUTUBEなどで、お話を聴くことができますよ。
こちらの動画の日焼けをした男性がアウツさんです!

さて、話は変りますが、最近『残念系』を名乗るライトトノベルが売れているそうです。
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』や、『僕は友達が少ない』に代表される作品です。
それと同様に、ラジオでもそういう風潮があるように感じられます。

僕がよく聴いているラジオの中には、「やった!これはとっても美味しい振りきたねぇ。え!? そういくんだ」という意外性の強い番組もあり、そういった放送も大好きです。
まさに「それを言っちゃあおしまいよ」といいたくなる『残念系』ともいえる返しが、とっても面白いと思います。
『残念』という言葉が、ある意味ポジティブな意味に捉えられるようにもなった、
現代ならではの表現ではないかと思います。

僕もラジオを放送するにあたって、色々な壁にぶち当たることもあるかもしれませんが、
それは、すべては自分の責任。放送する以上、煽り叩きがあることにも覚悟が必要でしょう。
(ただ、ほとんどの人がサイレント・クレーマーでしょうから、言ってくれるだけありがたいです)

くじけても「掲示板の書き込みが少ないから」とか、「お便りが少ないから」などと、リスナーの
せいにはしないで、先輩MCの皆さんに負けないよう、頑張っていきたいと思います。

次回「UOぶりっこ大作戦!」第4回ですが、11月7日の放送はどうでしょうか?
23時前後の開始がよさそうに思っています。
ギルメンの皆さん、よろしくお願いします!

広告

2015.10.30」への1件のフィードバック

  1. 私が11月の後半頃まで繋げなくなりそうなので
    今回のラジオは残念ながら欠席になるかと思います(´;ω;`)
    うp!うp!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中