2015.11.05

先日、僕がご紹介した「生き方を語っちゃうラジオ」が公開停止になっていました。
気になって、番組MCのWebページを確認したところ
「個人攻撃が行われたため」非公開になっているそうです。

いったい、どんな事があったのかはわからないのですが、
「個人攻撃」なんて穏やかではないし、ヒドイことをする人がいるんだな、と思います。
それにせっかくの放送アーカイブを聴く楽しみが無くなってしまうのは
とても、かなり、残念に思いました。

でも、やはりネットラジオでこういう話題は難しいのかな、とも思いました。

先日僕は「生き方を語っちゃうラジオ」について、
「これは色々面白すぎた。僕にはできない」と書きました。
インターネットで自己啓発のようなものをやる人がいる、このことが
とても面白いと感じたからです。

以前、本か何かで知ったのですが、インターネットでは「誰が言うか」ではなく、
「何を言うか」が重要だということを言っている人がいました。
つまり、誰でも自由に発言できる、フラットでフェアな場なので、
何よりも話す内容が重要だということだそうです。

でも僕は、そもそもネットほど発言に不自由な場所はないと思いますし
(下手なこというとすぐ叩かれるし、冗談通じない人がいるし)、
やっぱり「誰が言うか」はかなり重要なのではないかと思います。

仮に僕なんかが「ねとらじ」で、キラキラした言葉を並べて、人生を語ってみちゃうとします。
これって、想像なのですが、たぶん誰も得をしないような感じがします(笑)
せいぜい「お前、どこの誰だよ!偉そうに!氏ね!!!」などといわれるのがオチなような気
がするし、そんなこと言われたら、おそらくショックで立ち直れないので、僕にはできないです。

これが、京セラの「アメーバ経営」を主軸に人としての生き方を説いている稲盛和夫さんや、
NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも紹介されたキリンビバレッジのヒットメーカー
である佐藤章さんがやったとしたらどうでしょうか?これはもう違いが歴然ですよね。

つまり「誰もがわかるくらいイケてる人は、その実績に基づいたことであれば
好き放題やっても、誰からも怒られないし、人から喜ばれる」ということです。
また、そういうイケてる人は、自分の言葉がお金になることを知っているので、
わざわざ、タダでネットでは公開しないのです。

ここに「暇人はせっせと情報をネットにアップをし、イケてる人は情報の換金化にはげむ」
今の”残念な”ネットの構図ができあがってくるんだろうな、と思います。

広告

2015.11.05」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中