核武装支持論

QQ 사진20160716212627

多分、ほとんどのメンバーが記憶しているが、

ほとんど2年前にBuriは団体狩りの途中にPKに乱入し、メンバー全員が逃げたり、殺害されたり、痛い思い出がある。          なぜそんなに無力化して敵軍に一方的に殺害されながら、悔しいBuriの歴史が多いのか、自ら反省しなければならず、        少なくとも、自ら防御が可能な、状態で準備をしなければならないという”核武装論”が重要に上昇している時代に

“私は対人戦闘も知れません” “私は対人戦闘しない” “私は対人戦闘嫌な” と弁解しながら…………現実逃避をして、責任回避して、義務を回避するメンバーがこれ以上なければ望むことに

“無限”で生活するというのは、  あなたが  よくても、いやでも、”狩場 = PVPの戦場”という現実を否定しないように   “できることがなくて・・・” と言い訳し、同僚がPKに殺害される状況でも逃げるそんな悲しい歴史を繰り返さないようにするため、

“狩りのキャラクタ = 対人戦闘キャラクタ”

普段にも、Skill、装備、消耗品、すべての準備をしておいて狩りすることを基本と     狩りの途中にPKに襲撃を受けても、直ちに、その状態でPVPに対応が可能にするのが、核武装論の基本骨格

“私は対人戦闘しないから”と言えば”国防の義務”を拒否する, 団体の責任を拒否する裏切り者で”人民裁判” に付託して首を切らせるように、

対人戦闘が嫌でも、100%義務的に取り組まなければならない”核武装論”が、私たちの安全と平和を作ってあげる。  無限は、対人戦闘が嫌だとしなくてもいいという惰弱な精神状態では生きていくことができないサーバ。 自分の身を守ることができない人は、狩りに行く資格もない、!

普段にコロッセオにPVP訓練をせずに、怠けていて惰弱な状態で放置されて、狩りの場所でPKに殺害されて尻を強姦されても、100%自分の責任になるもので、他の人を恨むことができない。   少しだけ努力して、少しの構造を変えて、少しの武器選択を変えると、狩りの火力が大きく低下することもないのに、PKの襲撃に備えて準備をしない理由がない。

狩りの途中にPKが飛び掛っても、人数で私たちの方がもっと多くて、逃亡することではなく、準備していたPVPモードに転換して祭壇に早く集まって対応すれば、PKを殺すことができる。  Buriのメンバーなら、これから、こんな部分は考えておけ。

QQ 사진20160715232823

恥ずべき歴史は、準備しない人達だけに訪れる歴史,  準備し、普段に訓練すれば、これ以上辛い歴史はない。  誰でも、PVP対応可能 = 核武装

私たちは団体だ、集団だ、メンバーだ、 同じ船に乗っている共同生存体である。 敵軍の挑発に防御システムを作らなければ、、みんなと一緒に死ぬ

明日から、Buriは100%PVPできるように毎日コロセウムで対人戦闘訓練を実施する。!!

自分の尻は自分が守ろう!!

 

QQ 사진20160309185104以上、国際お尻の専門家、エアポクでした。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中