部屋とアケコンと私

みれです。
最近、ハマっているコミックがあるんだ。


『ウメハラ FIGHTING GAMERS!』
プロ格闘ゲーマーという職業を作ったパイオニア的存在、
梅原大吾さんが主人公のコミックだよ。

90年代のゲーセンの雰囲気が描かれていて懐かしい。
そうそう、高校の修学旅行の自由行動はゲーセンだったよ。


京都のゲーセンで、班のみんなと『ストリートファイターZERO2』をやったのだ。

そんなわけで、今日は懐かしさに浸りながら、部屋をゲーセンにしたよ。

家でストリートファイターができるなんて本当に良い時代である。
灰皿ソニックが飛んでくる心配もないからね。

夜はUOで、みんなとパワスクをやったんだ。

PKは来なかったよ。

広告

アルティメットアトミックバスター

みれです。
今日はみんなとネズミ沸きにいってきた。
ネズミたちの名前はなかなかユニークで可愛い。

なんかロシア人っぽいのだ(~kiのところが)。

それはそうと、おそらく世界一有名なロシア人は『ザンギエフ』だろう。
彼の祖国のために戦う姿は、いつの時代も男の子の憧れだ。

ザンギ「ガイルはザンギに何か隠し事してないかな?かな?」

ガイル「隠し事なんて・・・してないよ・・・」

ザンギ「嘘だよ。ザンギ知ってるよ?ガイルがずっと溜めてる事。

    もう出せるの?ソニブーとサマソ」

ガイル「下にしか・・・溜めてないよ・・・」

ザンギ「下にしか溜めてないのに、どうしてザンギがパンチ出したら

    ガードモーション取るの?」

ガイル「・・・とにかく、まだ溜まってないよ・・・」

ザンギ「嘘だっ!」

PKの経済学

PKシステムを擁護すると「北斗の拳」の世界のような混沌を望んでいると思われがちだけど、そうじゃない。

人殺しに善悪はない。いい殺人もあれば悪い殺人もある。自由に人が殺せることが重要なんだ。

▼かつてのPKを軸とした経済

▼トランメル導入+アイテム保険導入後

僕の周りではPKに対抗したり、ネグレクトしたり、ネタにする人はいるけれど、システム的にPKをなくそうと訴える人はいない。

かつてトランメル導入を推し進めた人々はUOから経済と活力を奪って、人がいなくなるとあっさりUOを捨てて去っていった。

UOの衰退は、EAの場当たり的な打算と「PKのいない平和な世界」という甘い言葉にほだされて支持した大衆による合作である。

ストリートファイターシリーズは暴力的だから話し合いで解決するゲームにつくり変えようという話である。

春麗はこのコスチュームが好きだよ。

 

迷ったら全部やる!

みれです。
てっきり、今日は仕事かと思って、そのつもりでいたんだけど、
予定表を見たら休みだった!なんかラッキー!

だがしかし!僕は休みだからといって、ぐうたらしては居られないのである。

昼間は格ゲー!

夜は、みんなとUO!

完全にネトゲ廃人である。

UO 春のBAN祭り

みれです。

メサナが不正者の取り締まりを頑張っている。いいことだ。

かくいう僕も、オンラインゲームにおける不正行為には大反対である。
過去にWiiUの『スプラトゥーン』でチート行為が横行したときに嫌な思いをしたからだ。

UOで不正行為をするプレイヤーは、周囲の人から疎まれるのが目に見えている。
つまりUOには向いていない人なのだ。

UOはコミュニケーション・ツールなのだから、ある程度『感じの良い人』が強い世界である。
僕などは、ラディカルな性格のせいか、一部の人に妬まれることはあるが、実はその辺をわきまえている。
その証拠に、それなりに友人が多い。本当にありがたいことである。

不正行為をするプレイヤーの考えには、あまり触れたくはない部分ではあるが、
例えば不正ツールを使って、必死にアイテム集めや、データ検証を行う。
そしてその情報を、自分のブログ等にアップしたりしているのを見るが、あれは何なのだろうか?

とりあえず、アップされた情報はタダで閲覧できるので、価値のある情報はありがたく使わせてもらっているが、
作成者が不正ツーラーである以上、作成者への評価は低いままである。

つまり、不正ツーラーは、自分の価値を下げながらせっせと情報をアップし、
僕らリア充は、その情報の利益化に励むのであるw

EVEとUO

先日、アメリカの共和党の候補がEVEオンラインの評議会に立候補した。

UOにも評議会があるのだけど、どうにも盛り上がりに欠ける。

EVEは2007年に経済学者を雇い、2008年に議会制民主主義を実現している。

一方、UOの開発者たちはゲーム脳のままなのである。

プレイヤーにアトラクションを提供して遊んでもらうという発想なのだ。

UOの運営チームはミルトン・フリードマンの本を読んだ方がいい。

MMOの運営では、チート対策以外、余計な介入をするべきではない。

具体的には
・ MOB以外のNPCの削除
・ すべてのアイテムを消耗品に
・ ゴールドの廃止
・ 全体チャットの廃止
・ トランメルルールの廃止
・ ガード圏の廃止
・ 移動魔法およびオブジェクトの廃止
・ ムーンゲートの廃止
・ アイテム保険の廃止
・ 家の保護の廃止
・ ネームカラーの廃止
・ 差別発言の容認

無限とSPサーバーでは、このうちいくつかが既に導入されている。

さぁ、思い切ってやるんだ。

 

猛虎弁の戦士

みれやで!
今日は仕事が休みだったので早起きして朝から晩までゲームをやったんやで!

夜のうちにダウンロードしておいた、『THE KING OF FIGHTERS XIV』をやってみた!

新生SNKの熱い思いがこもった、素晴らしい格ゲーだとおもったよ。
今日からこれをメインにプレイしていこうと思うんだ。良い買い物したなあ。

メインで使うキャラは、猛虎弁をしゃべる『椎拳崇』にしたよ。かっこE

逆昇竜コマンドの対空技が、スト2のフェイロンに似ていて使いやすいんだ。

UOでは 容赦なく沸きまくる ツキウルフを相手に、立ち回りの練習をしたよ。

それはそうと、ツキウルフって何?!
『月ウルフ』なの?それとも『憑きウルフ』なのw どのみち意味わからねー。

今日の格闘部

みれです。
今日は仕事が休みだったので早起きして
朝から晩まで『ウルトラストリートファイター2』をやっていたよ。

スト2なのに、最新のアニメみたいに綺麗な絵で楽しい!

それにしても、オンライン対戦は魔境であるw
「スト2歴」25年の猛者もいるっぽい。

ちなみに僕はフェイロン使いだぞ!ほわたぁ!

それはそうと、夜はみんな揃ったので、UOでパワスクをやったんだ。

魔法撃ちまくりで楽しかった。
やっぱり UOも スト2も、弾キャラの方が強いのかもね。

やり込みは裏切らない!

みれです。

この間、運用を開始したキャラを「包帯メイジ」にしたよ。

包帯巻いて、EV出して、なんか色々して戦うキャラだ。ああ、忙しい。


そんなトリッキーな戦術で、お気に入りの狩場でも戦えるようになったよ。


やること多くて 覚えることが多いキャラは、やりがいがあって楽しいね。

そして格闘部の活動もしたよ。

PKは来なかったよ。