PKの経済学

PKシステムを擁護すると「北斗の拳」の世界のような混沌を望んでいると思われがちだけど、そうじゃない。

人殺しに善悪はない。いい殺人もあれば悪い殺人もある。自由に人が殺せることが重要なんだ。

▼かつてのPKを軸とした経済

▼トランメル導入+アイテム保険導入後

僕の周りではPKに対抗したり、ネグレクトしたり、ネタにする人はいるけれど、システム的にPKをなくそうと訴える人はいない。

かつてトランメル導入を推し進めた人々はUOから経済と活力を奪って、人がいなくなるとあっさりUOを捨てて去っていった。

UOの衰退は、EAの場当たり的な打算と「PKのいない平和な世界」という甘い言葉にほだされて支持した大衆による合作である。

ストリートファイターシリーズは暴力的だから話し合いで解決するゲームにつくり変えようという話である。

春麗はこのコスチュームが好きだよ。

 

広告

PKの経済学」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中