タレント不足

kaidan.png

先週末はあうたん主催の納涼怪談会に行ってきた。

あうたんには無限を盛り上げてほしかったのだけど、惜しい人物を亡くした。

エンターテイナーがシャードを盛り上げて、魅力の増したシャードに人が集まり、その中から新たなエンターテイナーが生まれる、という好循環を起こすには、いくつかの条件を満たす必要があると思う。

● あうたん並みのエンターテイナー 5人以上
● イベントに参加して一緒に盛り上げてくれるサポーター 5人以上
● 同時期にそれらの人々が存在すること(1人か2人では続かない)
● エンターテイナー同士の横の繋がり(動員不足を解消できる)

NPCになって、これらの条件を満たしなさいというクエストを出したいところ。

何かいいアイディアはないかな?

ufo.png

 

広告

クズはトランメルにいる

パラリシャンの掲示板に横殴りを批判するスレッドが立っていた。

クズとは虎の威を借る狐のことだと思う。

嫌がらせをする + フェルッカ(システムの保護なし) + 強い = いじめっこ
嫌がらせをする + フェルッカ(システムの保護なし) + 弱い = 面白いやつ
嫌がらせをする + トランメル(システムで保護されている) = クズ

つまり、クズはトランメルにしかいない。

あと、ガード圏もクズを生み出す温床になっていると思う。

たとえばサイコパスがいたとして、きっとガード圏内でしか生きられない。

システムで保護されていなければ、そんなの寄ってたかって殺すもん。

前出のスレッドでは、スレ主は一つの結論に達している。

昔のようにファセットが1つなら話が早いのですが、本来のUOの世界観とシステムで保護されてるめんどくさい世界が混在してるのもモヤモヤの原因の1つかもしれないですね。

もっともである(無限に来なさい)。

トランメルとガード圏をなくして心の優しい人間だけのUOを創ろう。

matsuda.jpg

 

諸行無常

すべての物事は常に変化し続けており、不変のものはない。

UOがテーマパーク型MMOの罠(※1、※2)に嵌っている間に、えあぽくはフィリピン女に入れあげ、みれっちは格ゲー業界に荒らしの場を移し、あうたんはすっかり飛鳥民になり、ううりんは雨で家が流された。

※1 MMORPGからクエストを取り除く時が来た理由
※2 MMORPGのコンテンツは何を作ろうが3ヶ月で終わる

かくいう僕もMMOの世界を救うための旅に出ようと思う。ネット空間を。

MMOの在り様について熱い議論を交わしたい人は BURI CHAT に来てね。

PS.  8月4日にあうたんが納涼怪談会をするみたい

 

陰口酒場

UO自体よりも2ちゃんねるのUO関連スレッドの方が盛況みたい。

2ちゃんねらーにUOをプレイさせるにはどうしたらいいんだろうか。

学校裏サイトのように匿名で陰口を言い合えるところが魅力なのだと思う。

2ちゃんねらーのタイプと適応度
● 言い出しっぺ(話題をふる人) いける
● 情報提供者(スレッドの成長を助ける人) いける
● ハイエナども(伸びたスレッドに参加する人) いける
● 詩人(高度な比喩や文学的表現を追求する人) いける
● チンピラ(対象を煽ったりちょっかいを出す人) 厳しい
● 演者(自作自演やなりすましを得意とする人) 厳しい
● コナンくん(演者の正体を見破る人) 厳しい
● きちがい(げきてつ) くるな

ほとんどのタイプはUO内でも楽しめそうである。

【全シャード】陰口酒場オープン

あと、みれっちは虎屋に刺されないように気を付けましょう。

こんな人が近づいてきたら要注意。

 

戦う理由がない

VvVという仕様があるのだけど、なぜ戦う必要があるのか分からない。

いや、VvVで入手できる景品のためかもしれないけど、そういう意味じゃない。

VvVには戦いのための本質的な動機づけ、大義、敵への憎しみがないのだ。

ところで、UOは韓国や台湾でもプレイされている。

景品で釣ってお膳立てしなくてもあるじゃないか。殺し合いの動機が。

いわゆるヘイトスピーチを容認すればいいのである。

そういうと僕が人種差別主義者だと思われそうだけど、そうじゃない。

僕の予想では共和的なギルドが登場して保守的なギルドを圧倒するようになると思う。

MMOの運営は「政府」の役割を捨てて「神」の視点から環境を与えるだけでよい。

予想もしない作品が生まれるのがマインクラフトの醍醐味であるように、予想もしない社会が生まれるのがMMOの醍醐味なのだと思う。

 

PKの経済学

PKシステムを擁護すると「北斗の拳」の世界のような混沌を望んでいると思われがちだけど、そうじゃない。

人殺しに善悪はない。いい殺人もあれば悪い殺人もある。自由に人が殺せることが重要なんだ。

▼かつてのPKを軸とした経済

▼トランメル導入+アイテム保険導入後

僕の周りではPKに対抗したり、ネグレクトしたり、ネタにする人はいるけれど、システム的にPKをなくそうと訴える人はいない。

かつてトランメル導入を推し進めた人々はUOから経済と活力を奪って、人がいなくなるとあっさりUOを捨てて去っていった。

UOの衰退は、EAの場当たり的な打算と「PKのいない平和な世界」という甘い言葉にほだされて支持した大衆による合作である。

ストリートファイターシリーズは暴力的だから話し合いで解決するゲームにつくり変えようという話である。

春麗はこのコスチュームが好きだよ。

 

EVEとUO

先日、アメリカの共和党の候補がEVEオンラインの評議会に立候補した。

UOにも評議会があるのだけど、どうにも盛り上がりに欠ける。

EVEは2007年に経済学者を雇い、2008年に議会制民主主義を実現している。

一方、UOの開発者たちはゲーム脳のままなのである。

プレイヤーにアトラクションを提供して遊んでもらうという発想なのだ。

UOの運営チームはミルトン・フリードマンの本を読んだ方がいい。

MMOの運営では、チート対策以外、余計な介入をするべきではない。

具体的には
・ MOB以外のNPCの削除
・ すべてのアイテムを消耗品に
・ ゴールドの廃止
・ 全体チャットの廃止
・ トランメルルールの廃止
・ ガード圏の廃止
・ 移動魔法およびオブジェクトの廃止
・ ムーンゲートの廃止
・ アイテム保険の廃止
・ 家の保護の廃止
・ ネームカラーの廃止
・ 差別発言の容認

無限とSPサーバーでは、このうちいくつかが既に導入されている。

さぁ、思い切ってやるんだ。